【ポケモン剣盾】S32最終791位(R1815)  無難壁ザシイベル

前期初の最終3桁を獲得し、今期も2シーズン連続で最終3桁を達成できたので記事を書いてみます。

 

維持はできたけれど更新はできていないのであまり参考にならないかもしれませんが、3桁を維持するための思考過程の記録をメモとして残しておこうと思います。少しでも役立つ部分があれば幸いです。

 

 

関係各位に感謝

 

 

関係各位に感謝

 

 

関係各位に感謝

 

 

 

 

 

 

 

○軸の決定

途中まで前期(https://somiming.hatenablog.com/entry/2022/07/01/232421)と同じパーティで潜っていたが、7/28くらいまでの感想としては以下のようだった。

 

・ステロを撒くメリットはそこまでない(積極的なサイクル戦にはほぼならず、襷は体感初手に来ることが多く襷潰しにもならない。積みポケモンは基本的に回復技を持っているのでステロの削りが意味をなさない)

ラプラスの動きが単細胞で弱い。壁貼るにしてもダイマ吐かないといけないの弱い

・最速ザシアンが蔓延りすぎて同速ゲーになりがち→勝率が運に依存しやすくなり精神的に良くない

・ホウオウ、ジガルデ、ガオガエンみたいなパーティーが重い。ランドも重め

・物理イベルが環境に蔓延りすぎたのかあまり刺さってる感じがない。イベル対策をバンギに一任するのではなく、物理イベルだとしてもバンギやヌオーでダイマ枯らして後ろで詰めるという対応を取られてしまっていると感じた

・積みザシアンの増加→それに合わせたヌオーの増加により、相対的にこちらの物理イベル+ザシアンが窮屈になっている

・積みザシアンに対しては後からメタモンを出す動きが徹底されてきてキツい。

・ラッキーやゴチルゼルを誘って狩るヌオーやナットレイの増加、あるいは全体的に挑発や身代わりにより対策されていると感じる

 

 

しかし今更ザシイベルを手放して新しい禁伝を取り入れても練度が出せないと思い、ザシイベル自体は維持しようと決意。構築記事を読んで、前期のあいまるさんの構築を参考にしようと決めた。

 

http://aimaru4218.livedoor.blog/archives/29547171.html

(無断転載なので問題があれば削除します)

 

・レジエレキで壁を貼り自主退場し、壁のターン内に試合を終わらせ、壁下で殴り合う展開ではまず負けないことを目指すコンセプトをそのまま採用させて頂いた。

 

・レジエレキに頼らない場合の対面駒として襷枠を強く使いたいと考え色々試したが、現環境では「純粋に殴るのが強いポケモンが2回動く」攻撃回数確保としての襷が良いと感じた。

最終的に無難に対応範囲が広いマンムーに落ち着いた。

 

 

 

 

○コンセプト

・レジエレキの壁が切れる前に勝負をつける。

 

・なるべく汎用的な対面駒で対応する

 

 

 

 

 

 

○パーティ

 

イベルタル@珠

意地っ張り

ASぶっぱ

 

イカサマ→ふいうち 空を飛ぶ→ゴッドバード 鋼の翼 熱風

 

空を飛ぶのダイマ枯らしが活きるタイミングはかなり限定的だったので、ダイジェットの威力を上げるためゴッドバードに変更。

 

ダイジェットorダイスチル+ダイバーンでザシアンを落とせることから熱風採用。ナットレイにも強気になれる。

 

壁下では巨獣斬も怖くないのが偉すぎるポケ

 

途中までイカサマにしていたが、ふいうちがあれば勝てていたという試合が2回くらいあって、イカサマじゃなきゃ負けてたという試合が特になかったことから不意打ちに変更した。

 

途中特殊も試したが、特殊にした途端相手のバンギやラッキーが重く見えて動きが変わるので結局物理に戻した。特殊型は相手の交代読みや、体力管理のデスウィングが必要となる場面が多々あると感じ、壁下でとりあえず暴れるポケとしては自分の中でしっくりこなかった(物理型に慣れすぎてしまったかも。)

 

またこの型の恩恵として、ダイバーンを見せることで特殊型と誤認してもらえ、後からダイマしてきた特殊耐久のあるポケモンに想定外の打撃を与えることが多々あった点。意外と器用ポケ。

 

 

・ザシアン@朽ちた剣

陽気

H204 b52 S252

 

巨獣斬 じゃれつく みがわり 剣の舞

 

前期は間違いなく覇権だったが、あまりに最速ザシアンが増えすぎてもはや微妙_poke。

最速剣舞ザシアンeasy winの展開が増えた結果なのかヌオーが爆増しているのを感じた。そして相手構築にヌオーがいるだけでしっかり出しづらくなる哀しきポケ。

(逆にサンダーは減った感触あり。)

シーズン最終盤はヌオーだけは残ってザシアンは減ってた気がする。

 

最速HSなので剣舞巨獣斬は固定。じゃれつくも外せなかった。

 

身代わりは諸説。

壁下で身代わりを残して相手を突破しメタモン対策するなどの動きが決まれば勝ちに直結するが、

安易に身代わりしても悪戯にHPが減るだけで非常に弱い。

身代わり持ち自体増加しているのか、ケアされることが多いと感じた。

今後の環境はわからないが、振り返ってみると今季S32では石火にすべきだった。

 

今季はとにかく動かしづらかった印象。ヌオー、さらに終盤HB日ネクも増えていてキツすぎた。

お手軽最強ポケモンだが離れることも学ぶべきかもしれない。

 

 

マンムー@気合いの襷

意地っ張り

ASぶっぱ

 

氷柱ばり 地震 氷の礫 岩石封じ

 

テンプレ_poke

動きがわかっていてもなお採用され続けている襷枠だけあって、出した試合ではしっかり活躍してくれた。

威嚇電磁波無効+氷地面のタイプが偉く、ミミッキュランドロスガオガエン入りに強気に出せる。

ジガルデも積まれた後でなければ強め。(準速マンムー抜きが多い気はする。)

 

初手ダイマのつもりで出てきたであろうポケモンが、マンムー対面で、ゆきなだれを嫌ってか初手ダイマを躊躇ってくれることがあったので、想像以上に相手からすると重く見えるポケモンなのだと思う。

困った時の初手マンミング。

 

後ろ姿に癒されるポケ。

 

 

 

 

・レジエレキ@光の粘土

陽気

H140 a4 B236 d20 S108

 

リフレクター 光の壁 ワイルドボルト 大爆発

 

あいまるさんの調整そのまま。

マンムーのおかげか初手ランドロス選出されることがあまりなく、壁張りを見てから出てくるランドロスは剣の舞をしてくることが多くランド調整はピンポイントではあまり活きなかった。

ただ壁を貼った後相手の襷など削りつつなるべく速やかに自主退場して壁ターンを残すことの方が重要で、自身での突破火力は不要がち、かつランドに対して行動が安定できるのはやはり強いのでそのまま使用させてもらった。

 

初手襷エースバーン対面は注意で、リフレクターの次のターンで一回ワイルドボルト撃たないと、両壁貼ってからワイボだと不意打ちで上からやられて襷削れない=処理に2ターン取られる=敗北を意味するので注意

 

壁貼りレジエレキの大爆発は読まれるので、守るや鋼ゴーストタイプ引きは積極的に読んで問題ないと思った。

 

 

 

・ラッキー@進化の輝石

ずふとい

HBぶっぱ

 

卵産み 瞑想 甘える 地球投げ

 

諸説枠。昨シーズンにラッキーが活躍しすぎたためか対策されていてまりだせなかった。

一応ゴースト挑発で対策しているポケモンには地球投げをシャドボにすれば多少抗えるかもしれないが挑発中に他ポケモンの積みの起点にされたら終わりポケモン

 

丸くなるポリ2と入れ替えながら使っていたが、今期の使用感どちらも似たようなもの。

単体としての強さは間違いないがそれゆえに真っ向から対策されてしまうと一気に腐るポケ。

 

とはいえラッキーが呼ぶポケモンに対してこちらの他のポケモンがそんなに弱くないのでパーティに入れておいた。終盤は全く出していない。

 

 

ゴチルゼル@食べ残し

ずぶとい

HBぶっぱ

 

コスモパワー 眠る 挑発 癒しの波動

 

ほぼ見せポケ。明らかに火力がなくpp枯らせそうな相手には出す。ムゲンダイナ入りはエレキ→ゴチルで対応できるので出すことが多い。

 

シーズン中盤は出しづらい感じが強かったが終盤ヌオー、ムゲンダイナが増加した感触があり出す機会もそれなりにあった。

 

だが綺麗な抜け殻ヌオーにやられたり「誘い狩り」もあって過信はできない基本は選出誘導ポケイモン

 

 

 

 

○選出

 

基本選出

レジエレキ、イベルタル、ザシアン

火力で勝負してそうなパーティーには刺さりやすい。

 

vsムゲンダイナ入り

レジエレキ、イベルタルゴチルゼル

 

vsジガルデホウオウ

マンムーイベルタル、ザシアン

 

 

 

 

 

 

 

 

○感想

 

・ザシアンが微妙だった。

ヌオーやHB日ネクが多すぎ、

最速ミラーが多い、

メタモンにも弱い。

とにかく動かしづらかった。

 

・物理イベルについては現環境においても十分戦えていたと思う。

ただ増えていたヌオーを1パンできないのは問題すぎた。

 

・相手も壁展開の場合に五分になってるのが弱かった。

 

・3桁ラインに入ってから潜る気力がなく保存してしまった。

言い訳としては今月コロナにかかって下旬までマリカする元気くらいしかなかった。治ってからも倦怠感や微熱があってマリカくらいしかできず気づいたら最終日になっていた。

最終日更新を目指すためにはスタートラインを上げ、予め最終3桁ラインくらいまでレートを稼いでおくべきだと感じた。

終盤は特に対面リレー一辺倒の構築だけでは限界があると思うので引き続きレンタルパなど色々試して練習し構築の幅を広げた方がいいと思った。

 

・相手の〇〇、〇〇が重いので、こういう役割のポケモンが欲しい。

というような思考から一つ一つの枠をコロコロ変えていたが、これではいたちごっこになる危険が大きい。

単体の強さ、対応力に頼るのではなく複数のポケモンシナジー、動きでの汎用的な対策が取れなければ、安定的な勝利にはつながらないと実感した。

 

体力気力実力の限界を感じ保存してしまったが、正直構築自体もまだまだだと思う。引き続き1900を目標にまずは1850から頑張っていこうと思う。

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。🙌

【ポケモン剣盾】 S31 最終743位(レート1819) 脳筋ドサイベルザシアン

関係各位に感謝

関係各位に感謝

 

 

初めて最終3桁を取ることができたので記事を書いてみます。

まだまだ実力は全く足りませんが、なにかしら参考になったら幸いです。

 

 

●構築の経緯

・サイクル構築で緻密なゲーム設計をするスキルが足りず、とりあえず結果を出したくて対面構築を使おうと考えた。

動きがわかりやすく、かつ対応範囲の広い対面構築を模索した。

 

・前期のキタシカさんの

ステロこらえるガブリアス+ザシイベル(物理)

が「わかりやすく強い」対面構築だと思ったので、大幅に参考にさせていただいた。

 

・ステロガブの1番の強みである「鮫肌+こらえる」については、

ガブはまず襷と見透かされやすい上、上記構築が広まったことによって、こらえるはもうバレてしまっており、動きが読まれてしまうと考えた。

 

・そこで似た動きが出来そうなポケモンを探したところ、ドサイドンに行き着いた。

特化ザシアンの巨獣斬を耐えるまで調整しイバンのみを持たせることも考えた。しかし、

特化地震でも耐久振りザシアンを一発で落とせるぎりぎりのラインだったので、

意地HAぶっぱ

襷メタバ+ステロ+地震、ロクブラ

という型にした。

 

・またドサイドンザシアンイベルタルの基本選出の下にラプゴチルラッキーを置くことで、相手の受けポケモンを抑制した。

実際ヌオーが選出されたのは1回だけだった。ナットレイも全く選出されなかった。

 

ラプラスドサイドンが相手の初手ザシアンを強く呼ぶため、試合展開が分かりやすくて助かった。

 

・基本選出のドサイドンイベルタル、ザシアン全員物理アタッカーだったので名前は脳筋ドサイベルザシアンにしました。

 

 

 

●個体紹介

 

○ザシアン@朽ちた剣

陽気

努力値 H204 b52 S252

巨獣斬 じゃれつく 身代わり 剣舞

 

・抜き性能と対ザシアン性能が高い最速剣舞HSザシアン

・防御は特化ザシアンの巨獣斬+電光石火ほぼ耐え

 

・相手の初手ザシアンを剣舞巨獣斬で突破してそのまま裏まで負荷が掛けられそうな場合は初手で選出した。

・静電気サンダー等に麻痺入れられると最速の強みが完全に消え辛かった。サンダーでザシアン対策してる構築にはほぼサンダー出され、麻痺るか麻痺らないかが勝敗の分水嶺になってることが多かった。

 

・ラプザシはあまり選出する機会がなかった。

 

・身代わりはダイマ枯らし役に立つ場面が多かった。相手の交換に対する中間択としても役立った。

ただ、あくびや麻痺の状態異常のシャットアウトに機能した場面は思ったより全然少なかった。(特にカバルドンラグラージには身代わりある前提で動かれた。)

・最速ゆえ個人的には石火が特別欲しい場面はなく、またヌケニンはイベルとドサイドンで対応可能なのでヌケニン用の技の必要性も低いので、この構築においては攻撃技は巨獣斬とじゃれつくで十分かなと感じた。

 

 

イベルタル@いのちのたま

いじっぱり

努力値 AS252 b4

ふいうち 鋼の翼 空を飛ぶ 挑発

 

ダイマ終了後の空を飛ぶでの相手のダイマ枯らしが強かった。

・挑発は害悪行為を防止するだけでなくダイウオールの媒体としても活躍する場面が多かった。

 

・試合展開のテンポが早くなりやすく、結果相手としてはイベルタルの型を見極める余裕があまりなく、特殊前提で動いてくれることが多かった。

多くのバンギやチョッキ持ちを破壊できた。

 

・このイベルはメタモンにコピーされても対処がしやすい点もよかった。

特にスカーフメタモンは勝手に機能停止してくれることが多かった。

 

・ウーラオスがこちらの受けポケに強く初手に選出されがち。相手がウーラオス入りかつザシアン不在の構築の場合には初手で出した。

たまに純粋に初手ダイマが刺さっている場合は初手ダイマもした。

 

 

ドサイドン@気合いの襷

いじっぱり

努力値 H252 A252 b4

地震 ロックブラスト メタルバースト ステルスロック

 

・基本は初手に選出

・構築が相手の初手ザシアンを強烈に呼ぶので、初手に投げて地震かメタルバーストで確実にザシアンを倒す

・たまに電光石火で襷ケアされるので、安易にメタバを押さず基本は地震地震耐えられても最速ザシアンかイベルタルの不意打ちで処理可能

地震ケアで飛行タイプに交代される事も多い。交代されたら余裕あればステロ撒いて、殴るorメタルバースト。

 

・サンダー、ホウオウに強め

・ウーラオス入りに対しては、水ウーラオスだった場合即死するし後ろで受けられるポケモンもいないので絶対初手には出さなかった。

 

 

ラプラス@光の粘土 キョダイ個体

控えめ

努力値 h84 b84 C252 s92(かつての流用、意図忘れた)

フリーズドライ 泡沫のアリア 守る 滅びの歌

 

・基本はラプザシが刺さっている場合だけ出す。

・身代わりもちのゼルネアス・ホウオウが増えており、滅びの歌で流す場面もあった。

・どうしようもない時はラプの滅び→ゴチルに交代してキャッチして1匹無理やり持っていく、という最終手段も考える。

 

 

 

ゴチルゼル@食べ残し

穏やか

努力値 HD252 b4

挑発 コスモパワー 眠る 癒しの波動

 

・ゴチルを出す場合はハメ勝ちで完封できそうな場合に限られると考え、悪巧みやアシストパワー等で突破する必要はないと考えた。

挑発と癒しの波動を駆使して相手のPPを枯渇させつつ悪あがきによる退場も阻止し、

試合時間ギリギリまで相手を生かし、最後の数ターンで悪あがきで退場させ、こちらはそのまま眠るorダイウォールでTODする型にした。

 

・実際、ゴチルゼルがハマる場面では、こちらが積み終わって暫くすると降参される事が多かった。なのであえてアシストパワー入れなくて良いと判断した。

アシストパワー等入れずとも相手視点アシストパワーを考慮してくれる点でメタ的には5個技を持っているとも言えるかもしれない(?)

 

・とはいえ基本は誘導選出枠で、殆どは出さない。

あまりいなかったがカプレヒレ入りには出した。(レヒレはこだわりトリックか、こうこうのしっぽトリックか、残飯積み型しかいない上、こちらの構築に対し選出されやすいので、ゴチルゼルが刺せる)

 

 

○ラッキー@進化の輝石

図太い

HB252 d4

卵産み 甘える 瞑想 地球投げ

 

・要塞。特殊相手には瞑想で完全に要塞化する。ジオコン積み切ったゼルネアスすらムーンフォースの急所さえ避ければ勝てる。

・日ネクに対しても甘えると瞑想であらゆる型に対応する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●基本選出

 

vs大体

ドサイドンイベルタル、ザシアン

相手のパーティーにザシアンがいたら大体初手に出てくるので、

こちらの最速剣舞ザシアンで積んでそのままうしろまで負荷をかけていけそうならザシアンを初手に。

その他は基本ドサイドンを初手に。

 

 

vs日ネク入り

ドサイドンイベルタル、ラッキー

ラッキーを出す。

 

vs受け構築、ムゲンダイナ入り

ドサイドンラプラスorイベル、ゴチルゼルorラッキー

 

 

●苦手なポケモン

・ウーラオス

・ルギア(嵌めれば勝てるが難しい

・ジガルデ(処理がめんどい

ヒヒダルマ(でてくるタイミングによっては一気に破壊される

・ザシオーガサンダー(オーガの処理手段が乏しく、イベルで突破しても相手にザシアン温存されてるときつい

 

●感想

・真面目に最終日潜ったのは5シーズン目くらいでした。今まで2000位前後で諦めていたので、今回初めて最終3桁をとることができて嬉しいです。

 

・最終日の夜23時過ぎに5000位あたりから3連敗して10000位近くまで落ち、

次負けたらやめようと思ってやったら2000位くらいまで連勝できて、

そこから本腰を入れて9時近くまで潜りました。

 

特に1400位あたりで勝ったり負けたりがシーソーすぎて投げ出しかけましたが、

最後まで戦い抜けたのは奇跡に近い気がします。

 

最終日にお昼ご飯の予定をリスケされ、家の鍵を忘れて外出し日中家に入れず炎天下で過ごし、苦し紛れに食べたラーメンでもたれ、小便がなぜか直角に曲がってズボンがびしょ濡れになった、そんな一日だったので、なにくそというエネルギーがあったのかもしれません。

 

最終日に10000位付近から3桁まであげることができたという経験ができたのはよかったと思います。

どれくらいの馬力が必要か、勝ち数が必要か、集中力が必要か、というのを体感できたかなと思います。

 

・これまでずっと最終4桁でとどまってしまっていました。それは今までのシーズンでは構築自体への信頼や練度が不足していたこともありますが、4桁筋がついてしまっていたというか、ある程度のラインで満足してしまう撤退主義のマインド的弱さが大きかったと思います。

 

今後まず心構えとして、

対戦はレートをあげる単純な手段である。

どんなに適当にやっていても勝率50%には漸近する。

その中で、構築を真面目に考えて、ちゃんとプレイしてたら60%くらいはいく。

勝率60%あるなら、試合数さえこなせば、レートが上振れる瞬間が絶対来る。

潜る=正義。

レートの上下をチャートとしてみたら、部分的に局所的にレートを稼ぎまくれればそれでいい。

そしてそのタイミングを月末に持って来ればよい。(あるいは事前に終盤で戦えるようレートを上げておく)

 

というようなことを以後心がけていこうと思います。

 

・また、それと関連して、スケジュール管理がかなり大切だと感じました。

レートをあげるピークを何回作れるかが大切

レートを上げると決めた日は、最終日のつもりでレートを一気に上げるのが良さそうかなと思いました。

 

・そしてそのレートをあげる日の心身の整え方も大事だと思います。

今回は最終日にたまたま馬力が出たのでよかったですが、

自分でその調整ができるよう心がけていきたいと思いました。

 

 

・サイクル戦もレンタル構築などを使いながら慣れていきたいなと思います。

 

 

拙い文章ですがお読みいただきありがとうございました。

今後もモチベが許す時は潜っていきたいと思います。

次はレート1900を目標にします。

 

ポケモンまとめ1.0(2022.6.1)

第一世代

・任意コード実行(なかよしバッヂ、5かいバグ、森バグ)

バイナリエディタ起動、遊ぶ

 

第二世代

・任意コード実行(技マシン17)

・色違い作成、輸送

 

第三世代

・任意コード実行(エメラルド;0x085F)

バイナリエディタ起動、遊ぶ(エメラルド。打ちミスなのか全くうまくいかない涙)

・色違い作成、配布ポケモン偽装、リボン偽装、輸送

・乱数調整(あえてやる実用性があるものはほぼなく、遊び)

 

第四世代

・任意コード(任意スクリプト)実行(初期ダイパ謎の場所)

・乱数調整。実用性があるのはメロボ乱数のみ

 

第五世代以降

・乱数調整。(任意コード実行やコピーの発見などがない限りこれらのROMで調達する実用性は低く、遊び)

 

第八世代

・ランクマ

・自動化

 

 

【旧ダイパ】任意コード実行(ACE) 謎の場所でマナフィの卵、プレシャスボール、アルセウスの卵を入手成功!

 

 

 

 

これらを達成するために必要なもの

・エメラルド、初期版のダイパ、ダブルカートリッジができる初代DSかDSLite

・性格値などの知識(なくてもすべてを手順通りにこなせばうまくいくし、その過程で理解できてくるものだと思う。)

・謎の場所を使う点ではダークライシェイミをゲットするのと似ているが、それと桁違いの下準備と、達成までの段階が必要。根気。

 

 

youtu.be

 

 

そもそもダイパの任意コード実行については、一部界隈にとって2021年終わる今現在でも現在進行形で割とホットな話題である。アルセウスを実機で入手できる方法が発見されたのがつい最近であるように、なぞの場所を利用した遊びに関しては様々な有識者たちが研究を続けている。

その一端を知れるのが下記ポケモンbbsである。またそのなかでも数人の猛者が内部データにうまく実機の制約の中で干渉できないか模索し、その方法を確立していっている。それが下の準備手順である。そして私も実際この手順に従ってこなしていったところ、無事結果を再現できた。

準備手順 https://www.craft.do/s/YLb8MlRhv6Un3i

参考 https://pokemonbbs.com/sp/poke/read.cgi?no=1507350

 

まずエメラルドのセットアップから

指定された性格値のポケモンを用意する。合計4匹。

ツチニン以外は種族の指定はないが、パッチールだと模様によって作成ミスの判断がつきやすく、間違いがない。

乱数調整ではなく、エメラルド内での0x085Fを用いた任意コード実行によって生成するのが楽。

参考:哀しき獣の村 (fc2.com)

 

次にダイパのセットアップ。

27回目まで殿堂入り。手持ち不問

youtu.be

 

27回もめんどくさいと思われるが、なぞの場所を用いた高速殿堂入りによって3分くらいで一周できる。自分は上記のように27回まで90分ほどで終わった

 

そして28-30回目は手持ちポケモンに指定があるので、慎重に。

youtu.be

 

 

 

他セットアップ

バッグの中身

ボックスの壁紙など

こまごまとしたことを調節する。

エメラルドで作成した指定の性格値のポケモンを4体ともダイパまで送り、ボックスの指定されたところに置く

 

youtu.be

 

 

 

 

(これはコトブキバグでギアの速度を間違えてフリーズしたもの。注意)

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてすべてのセットアップが終わったら、以下の通り走る。

パルパークモードを呼び出せつつマップ333まで行けるのを確認。

 

youtu.be

 

 

 

無反応やフリーズが続くようであれば

いったんパルパークからリタイアして現実世界に戻り

コトブキシティポケモンセンターのパソコンででんどういりを再度みてから

コトブキバグでぽけっちカンパニーの入りぐちへ

下1右16でなぞのばしょに入るので、そこで再び通信サーチャーをタッチ、エラー、Aボタン押す。これで、パルパーク突入地点に殿堂入りみた記録保持して戻れます。

これを、ちゃんと正常にセットアップが作動するまで繰り返します。

 

繰り返し、結果成功したのが以下のものです

 

youtu.be

 

youtu.be

 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ勉強中なのですが楽しんでいきたいと思います。

 

 

今年はお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

旧ダイパ 色違いの旅 シンオウ図鑑制覇!今後

旧ダイパの旅、シンオウ図鑑制覇しました!

 

あとは諸々の固定シンボルと徘徊を気が向いたとき回収しつつ、

野生でゲットしておきたい色違いはメロボで誘惑して寄せ付けていくROMになるかと思います。

また、第四世代のACE実行も自分も試してみようかなと思うのでそれ用のROMとしても。初期版最高。

 

 

 

このROMの概要情報を、自分用にまとめときます

 

主人公ゆりあ(当時好きだったセクシー女優の名前からとってます、てか、過去作やり直すときの主人公の名前はだいたいこの方式です)

 

パール

 

IDは00000ー00167

(メロボ乱数用)

 

光らせたポケモンたち

・野生でメロボ成功したときの有象無象 現在50匹ほど

 


・御三家ポッチャマ

 

プラチナ 御三家乱数 ヒコザル - りゅうせいぐん を はずさない (hatenablog.jp)

 

こちらのブログを参照させていただいた

しかしこのポッチャマだけはID調整と一緒にだいぶ前にやったものなので、当時の自分がどの個体使ったのかは今からさかのぼって探し出すの難しくてできなかった

 

 

・ゲンの卵で色リオル

 

somiming.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アグノム

※色違い
性格 = ようき
性格値:17a61706
個体値:3-31-15-26-22-31
特性:1
めざパ:地70
初期seed:5502043f
seed消費数:122~150
分+秒:41
時:2
フレーム:1066
待ち時間:21.77秒
開始時間の目安:2時5分15秒

ユクシー

※色違い
性格 = のんき
性格値:88be8819
個体値:31-19-31-4-31-3
特性:2
めざパ:電59
初期seed:62070342
seed消費数:83~99
分+秒:54
時:7
フレーム:813
待ち時間:17.55秒
開始時間の目安:7時22分15秒


エムリット


※色違い
性格 = ひかえめ
性格値:b5feb559
個体値:23-28-23-31-23-31
特性:2
めざパ:龍68
初期seed:2f110575
seed消費数:85
分+秒:3
時:17
フレーム:1376
待ち時間:26.93秒
開始時間の目安:17時1分35秒

 

 

 

 

残り

・めぼしい野生のメロボ誘惑

ロトム

ギラティナ

ヒードラン

クレセリア

ダークライシェイミはパール産のため送れない

アルセウス

マナフィ(任意コード)、プレシャスボールなどなど

 

ほか

 

【旧ダイパ】ゲンからもらうリオルの卵 色違い乱数調整に成功!

 

 

 

初投稿になります

今後ポケモンの記事など書いていくと思います。

乱数調整やバグや自動化については、勉強しながら書いているので不備があったらご指摘くださると助かります。何卒よろしくお願いいたします。

 

※乱数調整やバグなどが嫌いな方はごめんなさい。

 

さて今、ダイパリメイクを買ってポケモンモチベが上がっている今こそ

過去作をもういちど楽しんでいこうかなと思って

まず旧ダイパをやろうと思い立ちました。

 

以前メロボ乱数用にID調整(00000ー00167)だけしてあったパールが残っていたので、

このROMでストーリーやりつつ色違い集めていこうと思いました。

 

リオルをゲンからもらう卵孵化させて図鑑登録する際、

せっかくなら色違いにしたいなと思い

検索したところ成功例が見つかりました。

 

 

参考にさせていただいたサイト

そらろぐ。:【ポケモンDPPt】ゲンのリオルのタマゴの乱数調整 (livedoor.jp)

 

 

 

使用ROM:自分はパールでしたがダイヤモンド、プラチナでもできるようです

 

 

ID:自分はメロボ乱数用に00000-00167にしていました。

同じIDの方は自分の結果を流用できます。

 

 

PHSの検索結果

 

※色違い
性格 = むじゃき
性格値:4b994b38
個体値:31-31-2-31-11-31
特性:1
めざパ:龍70
初期seed:790205ef
seed消費数:279
分+秒:77
時:2
フレーム:1498

 

 

上記の参考ブログにも記載されている通り、

タマゴ受取直前の「はい」「いいえ」の選択肢表示で消費+1、タマゴ受取時に消費-5の補正が入ります。 つまり合計で-4の補正が入ります。

 

そのため、PHSで求めた消費数279ではなく、-4の補正を打ち消すために、追加で4消費しました。つまり自分の場合283乱数消費しました。

結果、無事光りました。