キミキス 会話ヒット率 計算式まとめ ちょうどいわゆるセンター数学くらいの難易度

http://itest.5ch.net/game9/test/read.cgi/gal/1150378614/

 

2006年のスレッド、やはり黎明期のネットは人々の情熱がちげえや。

好奇心と、情報提供の量が多く、悪意は息を潜めていらっしゃる

ただ情報は錯綜気味で、いまだに間違いのままwikiに書いてあったりする、それを自力で修正していく感じのこの作業も、黎明期ネットに触れた感じがしちゃってゆく。

此の当時のスレッドで感心するとか、じじいになったもんですわ。ちゅどーん♨︎

そして2006ねんのギャルゲーの会話ヒット率をまじめに計算するワテクシ。

 

 

 

 

 

上記すれに確率を整数に丸めたデータが出てましたが、以下すれ内の引用

 

"

1個だけの場合は確率を出すのは簡単。
15個のうち5個を取り出すのだから、確率は3分の1。
あとは結果だけ書いとく。

話題0個消化 1個:33% 2個:57% 3個:74% 4個:85%
話題1個消化 1個:36% 2個:60% 3個:77% 4個:87%
話題2個消化 1個:38% 2個:64% 3個:80% 4個:90%
話題3個消化 1個:41% 2個:68% 3個:84% 4個:93%
話題4個消化 1個:45% 2個:73% 3個:88% 4個:95%

※「趣味」が2個あるとき最初の確率は57%、初手で「趣味」がヒットしたら残りは1個なので36%になる。

↓↓ ここからはついていける人向けのネタ ↓↓

最初にn個持っていて、話題をm個消化したとき
計算式は 1-p(15-m-n, 5)/p(15-m, 5)
まず「1個も含まれない確率」を計算して、それを1から引くのがミソ。

"

 

 

一応キミキスの会話の前提書いておくと

・ヒロインは毎日15個の話題を持って待っている

・その話題は「学校生活」「娯楽」というレベル(学校生活を4個、勉強を3個、娯楽を2個、、、のような感じ)

・「学校生活」であれば分類下である世間話、先生、転校等、すべてをカバーしているので、どの話題でも基本一応ヒットはする。(キャラによっては、その話題の分類下でもヒットしない特定の下位分類の話題もある。それはキャラごとの特性・性格。たとえばエッチな話が嫌い、だから初めから興味がない、とか。)

・ヒロインは毎日初めに15個の話題のうちランダムで5個を盤面においており、のこり10個はベンチに控えている。ヒットするたびにベンチから補充されていく。

これゆえ、一度学校生活の話題を外したら、他の娯楽とかの話題でヒットしてベンチから新話題を盤面にもってこない限り、学校生活の話題でヒットすることはない、はず(抱き合わせでセットなのだとしたらもう手に負えない複雑さになるが。、多分あってる)

・3連ヒットでボーナス。その3ヒットの内訳に応じて最大2個音符かハートが追加される

5連ヒットで1個ゲージに音符かハートが注がれ、さらに話題をゲットする

・場所を変えても同じ日なら、話題の消費は引き継いでいく

 

 

話題カテゴリレベルでヒットする(カテゴリでのみ管理されていて、食べ物の話であれば、うどんでも甘いものでもヒットする。でなければ至難の技すぎる)はずなのでこれで間違いないと思われる

 

 

まー、パーミテーションでもコンビネーションでも同じですわ。そして余事象とればいい

 

てか、わざわざ記号使わずとも、

15枚の話題をカードだと思って並べて、前5枚が盤面に出ているものだとして考えれば楽に処理できる

 

こっちが振った話題のカードがすべて、盤面でなく残りの方に含まれている確率を考えて、余事象として引けば良い。

 

 

ただ例外で、残り一個だけの話題を引き当てる確率に関しては、

並びに確率処理がなければ(世間話は初めに入りがちみたいな処理がなければ)、純粋に5/残り枚数になるので余事象を使わずこれで求めれば良い。

 

整数に丸める前の分数状態、分母分子が同じものだけあらかじめ消去し、残りはあえて約分せずに書くと

 

話題0個消化(残り15個) 

1個:5/15 2個:1-10*9/15*14 3個:1-10*9*8/15*14*13 4個:1-10*9*8*7/15*14*13*12 

 

話題1個消化(残り14個) 

1個:5/14 2個:1-9*8/14*13 3個:1-9*8*7/14*13*12 4個: 1-9*8*7*6/14*13*12*11

 

話題2個消化(残り13個) 

1個:5/13 2個:1-8*7/13*12 3個:1-8*7*6/13*12*11 4個:1-8*7*6*5/13*12*11*10 

 

話題3個消化(残り12個) 

1個:5/12 2個:1-7*6/12*11 3個:1-7*6*5/12*11*10 4個:1-7*6*5*4/12*11*10*9 

 

話題4個消化(残り11個) 

1個:5/11 2個:1-6*5/11*10 3個:1-6*5*4/11*10*9 4個:1-6*5*4*3/11*10*9*8

 

 

 

※話題が1個しかない場合の計算は余事象で、

2個以上ある場合は余事象で計算するほうが楽な理由

 

例。話題0個消化状態(ヒロインの持ち話題残り15個)で、主人公の振ろうとしている話題(例えば娯楽)がヒロイン側の話題15個のうちどこかに2個含まれているとする

 

2個とも盤面に入っている確率

(5/15)*(4/14)

 

1個だけ盤面に入っている確率

(5/15)*(10/14)

 

(10/15)*(5/14)

 

一個も盤面に入っていない確率

(10/15)*(9/14)

 

で、一個も盤面に入っていない確率以外の合計を求めるわけだから、

だったら余事象の方がはやいということ。

 

ちょうどセンター試験くらいの難易度だね。。

 

3連ヒットの確率

5連ヒットの確率

計算できるね、これで。

 

あと話題袋は、そのレベルでの狙うヒロインの15この話題の手札のうち、多く含まれているものから順に入れていくべきだ、話題袋の作り方もわかったよ

 

ただ、ここまで書いてなんだけど、

特に低レベルにおいて、世間話がしょっぱなでヒットする確率ってすごく高い気がする、体感。

つまり各話題は当確率でセットされるのではなく、ある程度ばらつきを持って、世間話は初めの盤面に入りやすい、みたいな確率の処理されてたら、

この計算式は無駄にはなりますが、まあそれでもいいです。

 

 

次は、キミキスのエンカウントの式処理を明らかにしたいなと思うよ。

これとCG全回収で、キミキスというゲームはとりあえず終えたといえるだろう